FC2ブログ

気になるトレンドニュース

時事ネタや気になるニュース、トレンドなどの情報発信いたします

タグ:アマゾン の記事一覧

なぜ、楽天はアマゾンに勝てないのか?

なぜ、楽天アマゾンに勝てないのか?




26dc5bf5



1: ボブキャット(京都府) 2013/04/14(日) 14:51:45.32 ID:EwAlvBUD0


楽天アマゾン…ネット通販各社の大型物流施設建設ラッシュで物流バブル?

日本国内のEコマース(電子商取引)市場は2011年で約8兆5000億円(経済産業省調べ)と、この5年間でほぼ倍増した。


ちなみに、同時期の米国の同市場は1938億ドル(約16兆円/米商務省調べ)となっている。


このように、すでに日本は米国の半分規模となる巨大な市場を形成しているのだ。さらに人口対比換算をして国民一人当たりのEコマース市場を見ると、日本は米国の1.25倍に達する。


そうした動きと連動するように、このところ首都圏を中心に、ネット通販事業向けの最新鋭大型物流施設が続々と開業している。


その背景には、アマゾンの即日配送に対する各社の強い危機感がある。たとえば楽天は、日本の人口の約7割をカバーするエリアに即日配送するため、100億円規模の投資を発表している。


一方、三井不動産も物流事業に初参入する。今後6年間で3大都市圏主体に約20棟の物流施設を建設し、即日配送も可能な多様なネット通販業者のニーズに対応するという。さらに三菱地所や大和ハウス工業などの異業種大手も、相次いでこの物流市場へ参入しだしてきた。


このような、いわば「物流バブル」とも言える現象は、物流系REIT(リート)相場が過熱してこの業界に資金がふんだんに流れ込んでくるなど、実需以外の要因も指摘されている。


それはともかくとして、こうしたハイテク物流施設の急増は、ネット通販の利便性と市場拡大をさらに促進することに変わりはない。従って有店舗小売業はそうした面からも、「わざわざ店に来てもらう」魅力と武器の明確化と強化が求められよう。


一方、前述のように増加、進化する「サードパーティ・ロジスティックス」に勝る究極の手法は、独自の自社物流方式の確立だろう。言うまでもなくそのベンチマーキング企業は、ネット通販ではアマゾン、そして有店舗では「しまむら」だ。





2: アフリカゴールデンキャット(茨城県) 2013/04/14(日) 14:52:22.31 ID:2icxQ6hZ0


へんなスパムメールが大量に届くから






3: ノルウェージャンフォレストキャット (徳島県) 2013/04/14(日) 14:52:25.87 ID:s0XFy08r0


楽天的だから






117: トラ(広島県) 2013/04/14(日) 15:43:42.02 ID:iKjgZrU40


>>3


こういうの、好きだわ






4: シャルトリュー(チベット自治区) 2013/04/14(日) 14:52:32.15 ID:oW0215Cc0


しゃちょう






5: 白黒(宮城県) 2013/04/14(日) 14:53:02.36 ID:zlqw5c7H0


スパム






7: ヒマラヤン(神奈川県) 2013/04/14(日) 14:53:26.71 ID:hY/pocSS0


だってアマゾンのが安いし…






8: 白(東京都) 2013/04/14(日) 14:53:52.42 ID:faIyONAZ0


スパムが糞うぜぇからだよ






9: 黒(新潟県) 2013/04/14(日) 14:54:21.97 ID:LYdmD9z+0


スパムやめろや






10: スナネコ(神奈川県) 2013/04/14(日) 14:54:23.42 ID:jK+27ixp0


サイトの広告がウザイから。






12: オセロット(埼玉県) 2013/04/14(日) 14:55:04.54 ID:LjOPNpQC0


社長の能力の差






13: メインクーン(やわらか銀行) 2013/04/14(日) 14:55:18.65 ID:0DCntCDE0


ごちゃごちゃしてるから






続きを読む
関連記事
スポンサーサイト