FC2ブログ

気になるトレンドニュース

時事ネタや気になるニュース、トレンドなどの情報発信いたします

イギリス紙 「中国の反日デモのせいで日本人は富国強兵に目覚めた」

イギリス紙中国の反日デモのせいで日本人は富国強兵に目覚めた」



1 : メインクーン(愛知県) :2013/05/11(土) 12:41:50.96 ID:DtlXrdJi0● BE:1908933874-PLT(12100) ポイント特典


日本のギアチェンジのきっかけとは―英フィナンシャルタイムズ





日本が長く失われていた力の源泉を再発見したことで興奮が渦巻く中、1つ、ほとんど問われないままになっている疑問がある。日本の支配者層にこれほど急激に針路を変えさせたのは何なのか、という疑問だ。




中国政府は、日本の施政下にある尖閣諸島(中国名・釣魚島)に対する領有権の主張を一段と強めている。安倍氏が自民党総裁――首相への前段階――に選出される直前には、中国全土の50余りの都市で激しい反日デモが起きた。日本が目的意識を持った指導者を見つけたとすれば、中国に感謝すべきなのかもしれない。





日本の安全保障に関する不安と経済の弱体化という意識の関係は、古くて根深い。





「富国強兵」は、1868年の明治維新後の日本の近代化のスローガンだった。安倍氏にとって、このスローガンは大きく鳴り響いている。一言で言えば、それは、日本の経済が弱ければ、自国を守る力も弱いことを意味する。





「経済も国防も強くなければならない」





日本政府が都内で開催した「主権回復・国際社会復帰を記念する式典」では、出席者から万歳の声が上がった。安倍氏は国家主義を放棄したわけではない。経済を復活させるという同氏の使命も全く同じ衝動から生まれている。2月にワシントンで行った「Japan is Back(日本は戻ってきた)」と題した講演で、安倍氏はこの関係を明確にした。





「日本は常に強くなければならない。まず経済面で強くなければならず、国防でも強くなければならない」





David Pilling記者





詳細 英Financial Times 2013/5/10


http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37757?page=2







転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1368243710/

【速報】 英国紙 「中韓の反日デモのせいで日本人は富国強兵に目覚めた。」




続きを読む
関連記事
スポンサーサイト