FC2ブログ

気になるトレンドニュース

時事ネタや気になるニュース、トレンドなどの情報発信いたします

GW限定!Kindleで1000点以上のコミック一巻が99円または 50%ポイント還元

GW限定Kindleで1000点以上のコミック一巻99円または 50%ポイント還元


1:@@@ハリケーン@@@φ ★:2013/04/28(日) 18:56:44.93 ID:???


待ちに待ったゴールデンウィーク! しかし、著者のように仕事や家事がたまっていたり、お金がない、友達がいないなど、さまざまの理由で出かけられない方も多いことだろう。

そんな私たちに朗報だ。あくまでkindle版限定だが、なんとAmazonがゴールデンウィーク限定でコミック1000点以上を99円または50%ポイント還元で提供しているぞ。50%ポイント還元の対象は1755点あまり、99円の対象は1405点もある。これはGWの間寝食を忘れて読んだとしても読みきれない!





問答無用だ。すぐにチェックしよう。





このキャンペーン、期間は2013年5月6日まで。





繰り返すがkindle版限定でコミックシリーズの一巻に限られるので注意しよう。今期アニメで話題の「進撃の巨人」「悪の華」も対象となっているが、こちらは50%ポイント還元のみだ。購入前には特価の内容を把握した上でダウンロードしよう。





ざっとチェックしてみた著者のおすすめは「ぢべたぐらし あひるの生活」「星が原あおまんじゅうの森」だろうか。





連休への期待を半減させた冷たい雨も、もうあがった。晴天のもと洗濯物を乾かしたら、ゆるっとコミックスを眺めながら部屋で過ごすのも一興だろう。さあ、飛んでみよう。






<以下略。省略部分はソース参照。>





ソース:SNN


http://snn.getnews.jp/archives/73993












続きを読む
関連記事
スポンサーサイト



AmazonがSNS機能を強化!本棚や読んでる本の共有、好きな本が一緒の人と知り合えたり出来るように

AmazonがSNS機能を強化!本棚や読んでる本の共有、好きな本が一緒の人と知り合えたり出来るように


引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1364672902/"


みなさんは人と知り合った時、どのような話題をキッカケにして仲良くなりますか?




音楽やファッション、好きな映画や…そう、本の話題でも盛り上がる事がありますよね?


自分の好きな作家や本の話題で盛り上がると、一気に仲良くなれる事が多いと思います。





また、はじめて読んだブログやSNSのプロフィールに、自分の好きなアーティストや作家の名前が並んでいると、なんだか親近感を覚えてしまいますよね♪





そんな本にまつわる話題をひとつ。


近年アメリカでは【Goodreads】という、書籍や作家に関する情報共有のSNSが人気となっています。会員はナント1,000万人以上と言うから驚きです!さすがアメリカですね~。





この GoodreadsKindleでおなじみのAmazonが買収をしたというので、大変です!


電子書籍と読書のネットワークが合体するのですから、今後ますます Amazonでの電子書籍の売り上げに拍車をかける事でしょう。まさに、鬼に金棒!やったねAmazon





Amazonは今後、ユーザーの獲得を狙って電子書籍の割引キャンペーンを開催したり、さまざまな読者のネットワークを展開していく事になるでしょう。








amazon-eco-shipping






1: ラ・パーマ(WiMAX) 2013/03/31(日) 04:48:22.83 ID:cf5tGpYd0 BE:2854560285-PLT(12001) ポイント特典


今日(米国時間3/28)、Amazonは有力なソーシャル読書サービス、Goodreadsを買収したと発表した。

金額などの詳細は不明。買収手続きは第2四半期に完了する。





Goodreadsは2007年1月のスタート以来、True Ventures他から275万ドルの資金を調達している。


去年8月にわれわれが取材した際には、ユーザーは1000万人以上、 投稿された本は3億6000万冊以上で、


毎月2200万冊が新たに投稿されているということだった。現在GoodReadsではユーザーは1600万人だと


発表している。





この種のソーシャル・サービスを傘下に持つことは、Amazonにきわめて大きな比較優位性を与えることになる。


たとえばオンライン電子書籍販売でのライバル、Appleはソーシャルな要素をまったくといってよいほど持っていない。


もっぱら本についての情報を共有し、活発に議論をするソーシャル・サービスがAmazonの一部となるというのはまったく理にかなったことだ。





Amazonは当面Goodreadsのユーザーに対して特別割引などの優待キャンペーンができる。しかしそれ以上に、


Amazon自身のソーシャル読書ネットワークとして本体への緊密な統合を図ることができるだろう。





下は昨年8月時点での毎月の登録書籍刷数の推移を表すグラフだ。Kindleと連携することでこの数はさらに飛躍しそうだ。






http://jp.techcrunch.com/2013/03/29/20130328amazon-acquires-social-reading-site-goodreads/








続きを読む
関連記事